「美しくなければ意味がない!」体重減より大切なものが見つかるパーソナルトレーニングジム ケンズ(Ken’z)を徹底解説!

こんにちは、マッチアップ編集部の古澤です。
ここ2~3年でパーソナルトレーニングジムが急に増えたと思いませんか?

以前と比べると、身近なものになってきた気がしますが、
ライザップだけは聞いたことがあるけど、それ以外は全く知らない…」
というような方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、編集部いちおしの「美しく、楽しく痩せられる!」パーソナルトレーニングジム『ケンズ(Ken’z)』について紹介したいと思います。

なんて言っても、僕はここに実際に通っていた経験があります。
そのため、この記事では、僕の経験から本当に自信を持ってお勧めしたいパーソナルトレーニングジム『ケンズ(Ken’z)』について、そのサービス内容や料金、こだわりについて徹底的にご紹介します!

ケンズ(Ken’z)とは?他店とは一味違う5つの特徴を解説!

ケンズ(Ken’z)は2015年にオープンし、現在では赤坂、新宿、渋谷、表参道と東京都内に4つの店舗を展開しているパーソナルトレーニングジムです。

一言で言えば、ケンズ(Ken’z)はこんな人におすすめのパーソナルトレーニングジムです!

  • ケンズ(Ken’z)がおすすめの人!
  • ・美ボディコンテストに出られるくらい『美』に徹底的にこだわりたい人
  • ・『ジム』ではなく『トレーナー』を選びたい人
  • ・「ここまでやる?」ってくらい、一人一人に向き合ってメニューを考えてほしい人
  • ・トレーニング器具はもちろん、匂いにまでこだわった快適な個室でマンツーマン指導を受けたい人
  • ・プログラム終了後も健康的でいられるようにトレーニングや栄養の知識も身につけたい人

この章では、他店とは一味違うケンズ(Ken’z)の5つの特徴をご紹介いたします。

特徴1|『美』への徹底的なこだわりと実績

ケンズ(Ken’z)のすごいところは、過去に「4ヶ月で31.5Kg減!」という驚異的な結果を出しながら、体重を落とすことには価値を見出さず、美しくなること、理想とする体つきになること、そして一生涯健康的でいられることをゴールにしていることです。
美しい体を追求し、トレーニングをしていく過程で、自然と体重は落ちていくと考えています。

モデル業やコンテストに必要なポージングなどの「魅せ方」も学ぶことができるので、会員の多くは美しさへこだわる女性なんだそうです。
実際、ケンズに在籍する会員はベストボディジャパンをはじめとする美ボディコンテストで多数の実績を出しています。

・美ボディコンテスト5年連続グランプリ獲得!
・美ボディコンテスト2017日本大会グランプリ輩出!

「へぇ、小さい頃からモデルをやっているような特別な人のパーソナルトレーニングジムなんですね。」
と、思われるかもしれませんが、実際に大会に出場された会員に話を聞いてみると
「もともとはシンプルにダイエット目的だったので、コンテスト出場なんて考えてもいなかったです。」
とのこと。
つまり、誰もが努力次第でこのような美しいボディを手にすることができるんです!


また、女性に限り表参道店のコラーゲンマシンを利用することができます。
ケンズ(Ken’z)の『美』への徹底的なこだわりが感じられますね。

特徴2|代表トレーナー 野島賢さんを中心とする優秀なトレーナー陣

ケンズ(Ken’z)では、ジム選びではなくトレーナー選びを重要視しています。
実際に二人三脚になってトレーニングをサポートしてくれるのは、ジムではなく担当のトレーナー。
つまり、「誰に身体を任せるのか」が重要であるということです。

ケンズ(Ken’z)代表トレーナーである野島賢さんは、ボディビル大会・ベストボディジャパン・メンズフィジーク・国際大会などで輝かしい実績を持つトレーナーです。

また、トレーナーとしてだけでなく、96年から8年間新宿歌舞伎町にてNo.1ホストとして活躍したという変わった経験もあります。
トレーニング業務だけでなく、企業へ向けた健康セミナーやトレーニングセミナー、各種メディアへの出演などでも幅広いご活躍をされているんです。

  • ケンズ(Ken’z)代表 野島賢さんの主な実績
  • ・東京オープンボディビル選手権大会 第3位
  • ・北区ボディビル選手権大会 準優勝
  • ・ベストボディジャパン2012 準優勝
  • ・東京クラス別ボディビル選手権大会 第9位
  • ・日本メンズフィジーク選手権大会 第6位

ケンズ(Ken’z)には、野島代表の経験を基に確立された「魅せる」をコンセプトにした独自のトレーニング理論があります。
その考えに賛同する、個性的で優秀なトレーナーが多数在籍しています。
そのため、利用者は一人一人の目的に適したプロのパーソナルトレーナーを選ぶことが可能です。
気になった方は、どんなトレーナーがいるのか公式ホームページでチェックしてみてください。

↓↓↓
ケンズ(Ken’z)に所属するトレーナーをチェックする

特徴3|目標に合わせたオリジナルのトレーニングメニュー

ケンズ(Ken’z)では、会員一人一人の個性や目標に合わせて、その人が理想の身体作る為の最適・最短プログラムを提供してくれます。
一般的なライザップや24/7ワークアウトなどのパーソナルトレーニングジムでもパーソナライズしたトレーニングメニューというのは提供してくれるのですが、ケンズ(Ken’z)はその向かい方が違います。

美しさにこだわる人やとにかく痩せたい人はもちろん、健康診断の数値を正常値に戻したい人など様々なニーズを持った人がいます。
そして、その中には当然、運動経験が全くない人だったり、故障が気になって思い切って動けない人などもいます。
そういうった一人一人の要望や本人ですら気が付いていない願望に応えてくれるのがケンズ(Ken’z)なのです。

詳しくは、後述のインタビューを読んでみてください。

また、食事制限についても独自の考え方を持っています。
通常は朝、昼、晩で3食食べることを基本として食事管理について考えるのに対して、ケンズ(Ken’z)では『第一の食事、第二の食事』というように、その日に食べた何回目の食事かという数え方を取り入れています。

この考え方により、現代に生きる多様な人々に対してピッタリの生活リズムを提案することができます。
「どんなトレーニングをするか」「何をどれくらい食べるか」だけでなく「いつトレーニングをするか」「いつ食事を取るか」が重要な要素になります。

気になる方は無料カウンセリングで相談してみると良いでしょう。

特徴4|快適さにこわだった完全個室でのマンツーマン指導

完全プライベートジムでのマンツーマン指導なので、あなただけの空間で人目を気にせずパーソナルトレーニングを受けられます。
そのため、周りへの迷惑を気にせずに、限界まで安心して身体を追い込むことができます。

また、取材でジムに訪問したときは、トレーニングジムとは思えないくらい良い匂いがしました。
なんでもジムに置いているコロンにまで特別なこだわりがあるんだとか。

ケンズ(Ken’z)の快適なトレーニング環境へのこだわりがうかがえます。



特徴5|ご入会の方は参加無料!学びの場『野塾』

プログラムが終了したあとも会員に生涯健康的に美しくいて欲しいという思いから、会員に向けて「野塾」という学びの場を無料で提供しています。
フィットネスに関する最新の知識を得て学ぶことで、一時的な体重減ではない本当の美しさを手にいれることができます。

取材したところによると、そもそもこの「野塾」はケンズ(Ken’z)のトレーナーへの研修講習として行っていたのがが始まりだったんだとか。
そこで、その講座の一部を会員にも提供するようになったんだそうです。

いくらでどんなことをしてくれるの?料金プランを解説!

ケンズ(Ken’z)には3つのトレーニングコースが用意されています。

コース ボディメイク パーソナルボディメイク 代表野島
パーソナルボディメイク
内容 ケンズ(Ken’z)の
トレーナーによる
パーソナルトレーニング
ケンズ(Ken’z)の
トレーナー(指名)による
パーソナルトレーニング
ケンズ(Ken’z)代表
野島トレーナーによる
パーソナルトレーニング
セッション
時間
60分 60分 90分
その他の
サービス
初回カウンセリング
無料トレーニングウェア貸出
ミネラルウォーター
コンディショニング
食事指導&アドバイス
初回カウンセリング
無料トレーニングウェア貸出
ミネラルウォーター
コンディショニング
食事指導&アドバイス
初回カウンセリング
無料トレーニングウェア貸出
ミネラルウォーター
コンディショニング
食事指導&アドバイス
料金(税抜) 198,000円 / 16回 160,000円 / 8回
320,000円 / 16回
600,000円 / 16回

指名なしでのトレーニングであれば16回のトレーニングで198,000円。
週2回通った場合、入会金の50,000円含めて2カ月で248,000円となります。
同業最大手のライザップでは、ほぼ同様の内容サービスが受けられる『シェイプアッププログラム』が入会金込みで348,000円となっており、お得な値段設定である言えます。

ただし、やっぱりおすすめはトレーナーを指定出来るパーソナルボディメイクコースです。
入会金込み50,000円と16回のトレーニングで320,000円と決して安くはありませんが、せっかくならば自分にぴったりのトレーナーを指名したいですよね。

一番おすすめなのは代表野島パーソナルトレーニングコースですが、現在キャンセル待ちでの申込みとなっているようです。
詳しくは直接お問い合わせしてみてください。


ぶっちゃけ効果はあるの?会員に直撃インタビュー!

この章では、現在ケンズ(Ken’z)に実際に通われている会員さんに、実際のところどうなのかインタビューしてきました!

田平さん(50代女性)の場合

まず一人目はケンズ(Ken’z)でのパーソナルトレーニングがきっかけで興味・関心が広がり活動的になったという田平(たびら)さんです。
一見すると、パーソナルトレーニングで重いバーベルを持ち上げている姿は想像できませんが、どのようなきっかけでトレーニングを始めることになったのでしょうか。

きっかけは階段での息切れ

dummy
編集部

インタビューにご協力いただきありがとうございます!
本日は,
どのようなきっかけでケンズ(Ken’z)でトレーニングすることになったのか、
また、日々どんなトレーニングをしているのかなどをお聞きできればと思っています!

dummy
田平さん

はい。
でも、期待しているようなお話できるかわかりませんよ。
私は美ボディコンテストとか、そういったものには興味がありませんので・・・

dummy
編集部

いえいえ、そういったことも含めて色々お聞きできればと思っています!
今日はよろしくお願いします。

dummy
田平さん

こちらこそ、よろしくお願いします!

dummy
編集部

早速なんですが、パーソナルトレーニングを始めようと思ったきっかけについて。
先ほども美ボディコンテストとかそういったものには興味がないとのことだったのですが、
一体どうしてケンズ(Ken’z)でトレーニングしようと思ったんですか?

dummy
田平さん

きっかけは、数年前に電車に乗ろうとしたときのことでした。
ホームの階段を駆け上がったときにひどい息切れを起こしてしまったことがあったんです。
以前はそんなことはなかったので、自分の体力の低下を実感してしまい…
そこで、体力作りでジムに通ってみようと考えるようになりました。

dummy
編集部

なるほど、そんなことがあったんですね。
失礼ですが、田平さんは今おいつくですか?

dummy
田平さん

今年で54歳になります。

dummy
編集部

え!とても54歳には見えないですね!

dummy
田平さん

ありがとうございます。
それで、最初はケンズ(Ken’z)ではなく近所のトレーニングジムでスタジオレッスンなどを受けてみたんですよ。

dummy
編集部

ほうほう。
トレーニングはどうでしたか?

dummy
田平さん

思ったような成果は得られませんでした。
ストレッチばかりでほとんど動かなかったんです。

dummy
編集部

そんなことあるんですか?

dummy
田平さん

はい。具体的には、1回60分のトレーニングだったのですが、ストレッチを50分くらいやってトレーニングに割ける時間は10分程度しかなかったんです。

dummy
編集部

えー、それはずいぶん少ないですね。

dummy
田平さん

「身体が動かないから、まずはたくさんストレッチしなければいけない」という説明を受けました。
確かに、レッスン中に「耳まで腕を上げてください」と言われたときに私だけその動きができなかったこともあったので、そのトレーナーさんの考え方も理解はできました。
ですが、わざわざパーソナルトレーニングしてるのにいつも同じストレッチしてるだけなのはもったいないな、と次第に思うようになって…
そのころ、ケンズ(Ken’z)の存在を知って「機能改善のために入会しましょう!」という話になったんです。

dummy
編集部

そういう経緯だったんですね!
トレーニングの内容は違いましたか?

dummy
田平さん

全然違いました!
それまではストレッチばっかりであまり動かなかったのですが、賢さんのところではバシバシ動かして行くんです!
また、以前の場合はどこかケガしたときなどはトレーニング中止だったのですが、賢さんの場合は「今日は足を怪我してるので上半身やりましょう!」というような提案をしてくれるんです。

dummy
編集部

ずいぶんと変わりましたね。

dummy
田平さん

今思えば、以前は自分自身「どうしたいか」が明確ではありませんでした。
賢さんには「どうしたいか」から一緒に探していただけて、「これがパーソナルトレーニングか!」と感動したことを覚えています。

ケンズで見つけた『私が本当に求めていたもの』

dummy
編集部

ケンズ(Ken’z)のトレーニングを通じて、身体の変化以外に気持ちの変化などは何かありましたか?

dummy
田平さん

たくさんあります!
まず私が欲しかったものは、筋肉でも美しい身体でもなく『動ける身体』だったという自分でも気づいたいなかった願望に気づかせてもらったことです。
一時は美ボディコンテストとかにも出ようと、重いバーベルを持ち上げていた時期もあったのですが、あるとき「これじゃない!」と気づき、今は踊って魅せれる身体を作るためのトレーニングをしています。

dummy
編集部

ダンスですか!いいですね!

dummy
田平さん

あとはもともと内向的な性格で活動的ではなかったのですが、トレーニングを通じて以前とは比べ物にならないほど活動的になったと思います。

dummy
編集部

今の姿を見るとあまり想像できないですね。

dummy
田平さん

興味や関心の幅も広がりましたね。
たとえば「肩甲骨を動かしましょう」といわれたときに、「肩甲骨ってなんだろう」「調べてみよう!」って思って調べるようになったとか。
以前だったら、なんとなく聞き流していたと思います。
最近では、機能解剖学などのセミナーに出るようになって、トレーナーの資格も取っちゃいました!
本当に人生が変わったと思っています。

dummy
編集部

えー!
トレーニングの力ってすごいですね!

田平さんの爪には賢さんがいました

dummy
編集部

話は変わりますが、爪のデザイン可愛いですね。

dummy
田平さん

あぁ、これ賢さんです!

dummy
編集部

え?
・・・どういうことですか?


田平さんの爪にはかわいい賢さんがいました。
ネイリストさんの特製デザインだそうです。

dummy
編集部

あ、本当だ 笑
ファンなんですね。

dummy
田平さん

はい!

dummy
編集部

良い話ばっかりになってしまったので、逆にケンズ(Ken’z)の不満とかあったりしたら教えてください!

dummy
田平さん

1つだけあります!
ケーブルマシンの最軽量の重りが重すぎるんです!

dummy
編集部

なるほど!
田平さんは重いもの持ち上げるタイプじゃないですものね。

dummy
田平さん

いつも軽くなるように補助してくれるんですが、やっぱり補助なしでやりたいじゃないですか! 笑

dummy
編集部

確かに、力の入れ具合とか少し変わってきますもんね。

dummy
田平さん

そうなんですよ。

dummy
編集部

最後に一つ、トレーニングするようになってから男性の好み変わったりしましたか?

dummy
田平さん

そうそう、変わりました!
昔は華奢な人が好きだったんですが、最近は胸板厚くないと嫌だなって思うようになりました。

dummy
編集部

おぉ、男性の好みまで変わってしまったんですね!
けっこうなマッチョでも大丈夫なんですか?

dummy
田平さん

そうですね・・・
ボディビルの大会とか見てて「この人スボン履けるのかなぁ」って心配になってしまうことあるんですが、そこまでなってしまうと嫌かもしれません。

dummy
編集部

なるほど、どうやら本物のようですね・・・
田平さん、本日はインタビューありがとうございました!
これからもトレーニング頑張ってください!

dummy
田平さん

こちらこそ、ありがとうございました!

電車に乗ろうとしたときの息切れがきっかけでケンズ(Ken’z)への入会を決めた田平さん。
トレーニングによって興味・関心が広がり、トレーナーの資格を取るまでになったとは驚きですね!
また、ケンズ(Ken’z)は、重いバーベルを持ち上げるのが好きな人や、美ボディコンテストに出るような人だけでなく、様々なニーズに答えてくれるパーソナルトレーニングジムであることを示してくれたと思います。
54歳とは思えない若々しい姿とさらに動ける身体を手に入れるため、これからもトレーニング頑張ってください!

岡田さん(40代男性)の場合

二人目は、オープンしたときから奥さんと一緒に通われているという岡田さん。
お子さんがまだ赤ん坊だったころは、その子を横に置いた状態でトレーニングしていたエピソードがとても印象的でした。

オープン当初に妻と一緒に始めました

dummy
編集部

今日はよろしくお願いします!
ケンズ(Ken’z)はいつからやられているんですか?

dummy
岡田さん

よろしくお願いします。
ケンズ(Ken’z)は、オープンからですかね。

dummy
編集部

そんなに長いんですね!
どのようなきっかけで入会されたんですか?

dummy
岡田さん

不動産屋をやっている友人が「面白いジムをオープンしようとしているお客さんがいる」と教えてくれたのがきっかけでした。
そのころ、あまり運動ができてなかったこともあり、オープンと同時に夫婦で始めることにしたんです。

dummy
編集部

岡田さんは初期メンバーでしたか!
というか、夫婦でやられてたんですね!

dummy
岡田さん

はい、そうですね。
その後、妻が妊娠して、子供も生まれて・・・気が付けばもう3年になるんですね。
扱える重量に男女差があったので、途中から時間をずらすようになりましたが、最初のころは本当に二人同じ時間に一緒にトレーニングしてました。

dummy
編集部

夫婦二人でトレーニングなんて素敵ですね!

dummy
岡田さん

子供が赤ちゃんだった頃は、子供が横にいる状態でトレーニングしてましたよ。
本当にプライベートなトレーニングジムだと思います。

dummy
編集部

すごい・・・もはや家ですね。

膝の故障や加齢による限界を感じなくなった

dummy
編集部

岡田さんはかなり体格良いですが、ケンズ(Ken’z)でトレーニングする前も何かされていたんですか?

dummy
岡田さん

球技と武道をずっとやってました。
具体的には、バスケットとかバレーボールとか、武道で言えば空手とかですね。
それに、ここに来るまでに他のところでパーソナルトレーニングを受けていたこともありました。

dummy
編集部

スポーツ経験が豊富!
他店のパーソナルトレーニングジムに通っていた時はもちろん、選手時代もウェイトトレーニングをけっこうやられていたんじゃないかと思うのですが、それらの時と比べてケンズでのトレーニングってどんな違いがありますか?

dummy
岡田さん

まずは、筋肉への効き方が全然違いますね。
部活をやっていたころからウェイトトレーニングは真面目にやってたつもりだったんですが、今思えば「ただ疲れるだけだったな」って思うことがたくさんあります。

dummy
編集部

そんなに違うんですか。

dummy
岡田さん

はい。
それに、年齢による身体の衰えのようなものを感じていたのですが、ここでのトレーニングを始めてから「まだまだ動けるんだ」って思えるようになりました。
特に、僕の場合はむかし膝を壊してしまっていたこともあったので。

dummy
編集部

膝、けっこう悪かったんですか?

dummy
岡田さん

そうですね。
けっこう壊してしまって何回か手術もしました。
僕が若い頃は『うさぎ跳び』とか『重りをもってダッシュ』とか今では推奨されないトレーニングが横行してた時代だったんですが、そういうのを一生懸命やってしまっていたこともあり、膝を悪くしてしまいました。
でも、ここで正しいフォームで、サポートするのに必要な筋肉を鍛えるトレーニングをするうちに、少しずつ動けるようになりました。

dummy
編集部

本来は、身体が故障している人ほどトレーニングするべきですもんね。
でも、どこが悪くて何をトレーニングするべきか見極めるってとても難しいことなので、やっぱり賢さんはすごいんですね。

本当の『パーソナル』感

dummy
編集部

別のところでもパーソナルトレーニング受けていたっておっしゃっていましたが、そこでは続かなかったんですか?

dummy
岡田さん

そうですね、続かなかったですね。

dummy
編集部

そことケンズとの違いってなんですかね?

dummy
岡田さん

うーん、何なんですかね・・・
なんて言うか、そこではその企業のやり方や考え方を押し付けられている感じがしていたんです。
でも、賢さんのところではそういう感じが全然しなくて。
彼の理想はありつつ、でも一人一人をちゃんと見てくれてて、本当の意味でのフルカスタマイズって感じがするんですよ。

dummy
編集部

パターンを組み合わせたセミオーダーとフルカスタマイズの違いって感じなんですかね。

dummy
岡田さん

そんな感じです。
あとは、安心して限界を超えさせてくれるところですかね。
ケンズ(Ken’z)は普通のジムだったらやらないくらい限界を超えて追い込んでくれる。
一方で、危なくないようにしっかりサポートしてくれるんです。
これは相当知識や経験がないとできないことだと思います。

dummy
編集部

スポーツ経験豊富な岡田さんが言うと説得力がありますね。

dummy
岡田さん

そして、それってすごく労力のいることなので、3年間このやり方で続けられる体力や精神力ってすごいと思います。
もちろん、それなりに値段もしますけど、本当に価値があるトレーニングだと思います。

dummy
編集部

貴重なお話、ありがとうございます。
急に思い出してしまったので聞きますが、この前の3周年イベントのクルージング参加されましたか?

dummy
岡田さん

あ、はい。
今までイベントには参加したことなかったですが、前回初めて参加しました。
花火がきれいでしたね。

3周年記念イベントの様子
岡田さんはご家族で参加されていたようです。

dummy
編集部

おぉ、そうでしたか。
ぜひ4周年記念のときはご一緒できればと思います!
改めまして、今日はありがとうございました!

dummy
岡田さん

こちらこそ!

かつての岡田さんのように「スポーツは好きだけどケガが原因で半ば諦めている」という人は多いのではないでしょうか?
また、学生時代のすべてを捧げてスポーツをしていたのに、スポーツをやめたとたんに太ってしまうという方も多いように感じます。
そういう人にとって、ライフスタイルの中に生涯続けられる適度なフィットネスを取り入れることは重要だと思います。
ケンズ(Ken’z)にはそれを実現するための知恵と工夫が詰まっていると感じました。

朝妻さん(40代女性)の場合

三人目は美ボディコンテストでグランプリを獲得した経験もある朝妻さん。
最初は単純に痩せるために入会したのに気が付いたら大会に出場するようになっていたんだとか。
ケンズ(Ken’z)のホームページのイメージに一番近い会員さんかもしれません。

痩せたいけど、コンテストとか目指してないしなぁ・・・

dummy
編集部

朝妻さんは美ボディコンテストでグランプリ獲得されたとお聞きしました。
やっぱり、そういうコンテストに出場するために入会したんですか?

dummy
朝妻さん

いえ、実は全然そんなことなくて、最初は本当にただ痩せれたらいいなと思って入会しました。

dummy
編集部

あ、そうなんですか?

dummy
朝妻さん

はい、トップページに写真載っているビフォーアフターの写真あるじゃないですか。
あれ、私です。

dummy
編集部

おぉ、本当だ!すごい!
ずいぶん変わりましたね!

dummy
編集部

ケンズ(Ken’z)はどうやって知ったんですか?

dummy
朝妻さん

「そろそろ痩せなきゃなぁ」と思ってたときに「赤坂 パーソナルトレーニング」で調べたらたまたま見つけたんです。
職場が近かったので。

dummy
編集部

なるほど。

dummy
朝妻さん

でもそのときのホームページってちょっと今とは違くて・・・
賢さんのバキバキの身体がもっと全面的に出てたデザインだったんです。
それ見たときは正直・・・
「私、そこまで目指してないし」
「ここで大丈夫かなぁ・・・」
と不安に思いました 笑


以前のホームページはこんな写真だらけだったたらしい。
これは、成人男性でもビビるレベルな気が・・・

「来年はあなたが出るんだよ」まさかの大会出場へ

dummy
編集部

入会するまではいいとして、どういう経緯で大会出場にまで至ったんですか?

dummy
朝妻さん

2015年にベストボディに出た大会に出たという女性会員さんがいたんですけど、その人の話を賢さんとしていたんですよ。
「へぇ、すごい人がいるもんだなー」
って思ってたら、急に賢さんに「来年はあなたが出るんだよ」って言われたんです。

dummy
編集部

本当に唐突ですね。
「え!」ってなりますよね。

dummy
朝妻さん

はい。
「選手なんて滅相もない」って思いました。
でもあれよあれよといううちに気づいたら出場することになって・・・

dummy
編集部

そして、気づいたらこのボディを手に入れて、グランプリ獲得するにまで至ったんですね・・・

dummy
朝妻さん

それまで人生でビキニとか着たことなかったので最初は勇気いりました。

dummy
編集部

こんなに似合うのにもったいない!

dummy
朝妻さん

ノースリーブ着たり、海に出かけるようになったのもトレーニング始めてからです!

特につらくなかったトレーニングや食事制限

dummy
編集部

トレーニングはつらくなかったですか?

dummy
朝妻さん

それが当時も、いま振り返ってみても、あまりつらかった記憶はないんですよね。
みるみる身体が変化している時期なんかは特に「ここまでするの、辛かったでしょ。」って職場の人とかに言われました。
もちろんトレーニングはしっかりやりますよ。
でも「つらかった」という感じではないんですね。

dummy
編集部

それは意外な感想ですね。
トレーニングはどのくらいのペースでしてたんですか?

dummy
朝妻さん

選手時代は基本週2回でした。
ケンズ(Ken’z)以外のジムで筋トレすることも特にありませんでしたし。

dummy
編集部

え、選手時代でそれだけですか?
結果出しすぎですよ!

PuANDA

” alt=”dummy” />

朝妻さん

ウォーキングとかはしましたが、本当にそれだけです。
賢さんのトレーニングメニューを忠実にやるだけ。
大会で他の選手に話を聞くと、トレーニングメニューから自分で組んで、ジムにも週に5回も6回も行ってって方がけっこういたので、本当に私の場合は賢さんに導かれているような感覚でした。

dummy
朝妻さん

ウォーキングとか追加でしてましたが、本当にそれだけです。
賢さんのトレーニングメニューを忠実にやるだけ。
大会で他の選手に話を聞くと、
「トレーニングメニューから自分で組んで、ジムにも週に5回も6回も行って・・・」
って方がけっこういたので、本当に私の場合は賢さんに導かれているような感覚でした。

dummy
編集部

食事制限はどうでしたか?

PuANDA

” alt=”dummy” />

朝妻さん

dummy
朝妻さん

制限って言ってもつらくはないですね。
ここのやり方は量を減らしたりしないので、ひもじい思いをした記憶は全くないです。
タイミングにはこだわってるのと、流石にラーメンとかは食べませんでしたが。

dummy
編集部

自己流ダイエットで食べるの我慢して苦しんでる女性たちに、一刻も早く教えてあげたいです。

dummy
朝妻さん

実はケンズ(Ken’z)を始める前も、漢方薬ダイエットとか、他社のパーソナルトレーニングジムとかいろいろやってたんですが、長くは続かなかったんです。
ケンズ(Ken’z)がここまで続けられてるのは食事もトレーニングもつらい思いをせずに楽しく結果を出せてるからだと思います。

つらくはなかったと明るく語る朝妻さん。
インタビュー前は『ザ・美魔女』みたいな美容・健康オタクっぽい人を想像していたのですが、自然体でとても話しやすいとても気さくな女性でした。

朝妻さんの小・中の同級生でケンズ(Ken’z)に所属している女性がもう一人いるそうです。
この方は、賢さんではなく、別の佐藤トレーナーが担当されているそうなのですが、オールジャパンの35歳超163cm以下級で日本3位になった経験があるんだとか。
すごい小・中学校ですね・・・

お二人の選手としてのこれからのご活躍を応援しています!

大塚さん(40代男性)の場合

四人目は大塚さん。
写真で伝わるかわかりませんが、かなりいかついガタイの持ち主です。
しかし、トレーニングのきっかけは意外にも健康診断なんだとか。
特に身体を鍛えてきた経験がないという大塚さんがトレーニングを継続できた理由を探ります。

「命に係わりますよ」血中中性脂肪が一般人の20倍と診断

dummy
編集部

今日はよろしくお願いします!
・・・ガタイすごいですね。

dummy
大塚さん

あはは、そうなんですよ。
これからもっと絞っていきます。

dummy
編集部

トレーニングはいつからやられてるんですか?

dummy
大塚さん

まともに通いだしたのはここ2,3カ月ですね。

dummy
編集部

「まともに」っていうのは?

dummy
大塚さん

もともと賢さんとは古くからの友人で、トレーニング受けたことはあったんですが、週に1回通い出したのは最近ってことです。

dummy
編集部

なるほど、古くからのご友人だったんですね。
どういうきっかけでコンスタントに通いだしたんですか?

dummy
大塚さん

もともと頭痛持ちだったんですけど、ある時期に毎日のように頭が痛くなったんですよ。

dummy
編集部

え、毎日のようにですか?

dummy
大塚さん

はい。
それで、今年で44歳になるので「健康のことも考えなきゃな」と思って血液検査を受けたら、重症だと診断されて

dummy
編集部

具体的にはどんな診断をされたんですか?

dummy
大塚さん

血中中性脂肪が一般人の20倍だったという結果が出ました。
その先生が見た中でも5本の指に入るほどひどい状態だったらしく、あと1カ月遅かったら脳卒中とかになっていた可能性があるといわれました。

dummy
編集部

かなり危険な状態だったみたいですね。

dummy
大塚さん

で、ちょうどそのころに賢さんと再会して「僕、もう死にかけですよー(笑)」っていう話をしたんです。
そしたら「筋肉付けるどうこうではなくて、まずはまともな数値に戻れるように努力しよう」って提案してくれて、
それをきっかけにケンズ(Ken’z)にちゃんと通うことになりました。

たった2,3カ月で8kg減、血中脂肪も正常値に!

dummy
編集部

どのくらいのペースで通っているんですか?

dummy
大塚さん

ここに通うのは週一回で、筋肉痛がなくなったころに補助的なトレーニングを家でやったりしてます。

dummy
編集部

現在までにどれくらい変化が出ましたか?

dummy
大塚さん

体重で言えば8Kg落ちて、血中の中性脂肪も正常値に戻りました。

dummy
編集部

えぇ、そんなに早く変わるんですか?
まだ2,3カ月ですよね?

dummy
大塚さん

そうなんですね。
変わるもんなんですよね。

dummy
編集部

トレーニングはかなり頑張られたんですか?

dummy
大塚さん

正直、けっこう頑張りましたね。
初めてスクワットやったときは、疲れすぎて帰り道に吐きました。

dummy
編集部

うわぁ、すごくわかる!
最初のスクワットはきつさ尋常じゃないですよね。

dummy
大塚さん

やばいっすよね。
「いやいや、部活じゃねんだからさ・・・」と思いましたよ、ホント・・・
そう考えると進歩したもんですね、僕も。

dummy
編集部

数値以外でも、実感として何か変わりましたか?

dummy
大塚さん

一番大きいのは頭痛がほとんどなくなったことですかね。
毎日のように頭痛がある状態が普通だと思ってたんですけど、今では月に1回くらいにまで減りました。
自分でもびっくりしてます。

「これだけやったんだから絶対に何か変わるはず!」と実感をもって期待できた

dummy
編集部

もともと運動とかはしてなかったんですか?

dummy
大塚さん

そうですね、特別には。

dummy
編集部

どうして続いたんですかね?

dummy
大塚さん

一番大きいのは医者に危険な状態だと伝えられたことですかね。

dummy
編集部

あぁ、それは大きいですね。

dummy
大塚さん

あとはすぐに結果が出たからですかね。
「こうすれば良いよ」って教えてくれて、その通りにやったら身体が変わるんだから「それはやらなきゃ」って思えました。

dummy
編集部

ほうほう。

dummy
大塚さん

あと、賢さんは無理強いしないところが良いですよね。
「絶対これやれ」みたいに強制しないので続けられた気がします。

dummy
編集部

食事とかつらくないんですか?

dummy
大塚さん

特につらくはないですね。
制限って言っても「夜飯は肉多めで」とかそのくらいですもん。

dummy
編集部

そんなに言われないんですね。

dummy
大塚さん

そうですね。
別に大会出るとかではなく長生きできればいいと思ってて、賢さんもそれをわかって教えてくれますから。

dummy
編集部

にしても、結果が出るまで続けたのがすごいと思っています。
その原動力が何だったのかよくわからないんですが、それって何だったんですかね?

dummy
大塚さん

うーん、やっぱり医者に言われて「どうにかしなきゃ!」って思っていたのと・・・
あ、あとはきついトレーニングをして「これだけきついことやったんだから絶対に何か変わるはず!」って素直に期待できたことですかね。

dummy
編集部

あー!そういうことか!!
実感を伴った期待感を得られたってことなんですね。

dummy
大塚さん

そうですね。
「こんだけ力を振り絞ったんだから、そりゃあちょっとでもいい方向に変わるでしょ」って思えたんだと思います。
「何か変わらなきゃ逆におかしい!」って。
それに万が一効かなかったとしても、やめればいいだけだし。

dummy
編集部

これは、トレーニング続かない人に聞かせてあげたい!

dummy
大塚さん

あとは、いつの間にか楽しみになっていたんでしょうね、トレーニングが。
ご飯食べに行ったときって
「今日は牛丼大盛2杯食ってやろう!」
とか意気込んでいくと楽しいじゃないですか。
そういう感覚です。

dummy
編集部

あぁ、わかります!

dummy
大塚さん

「絶対今日は100kgあげてやろう!」とか
「ピクピクしてからさらに10回追い込んでやろう!」とか
アトラクションじゃないですけど。

dummy
編集部

血液検査がきっかけでトレーニング始めたとは思えないほど、トレーニングを楽しんでいますね。

dummy
大塚さん

そうかもしれません。

dummy
編集部

今日もこれからトレーニングですか?

dummy
大塚さん

そうですね。
あぁ、そろそろ行かなきゃ。

dummy
編集部

もうこんな時間なんですね。
大塚さん、今日はインタビューにご協力いただきありがとうございました!

dummy
大塚さん

こちらこそ、ありがとうございました!

ガタイの良さに磨きがかかった大塚さんは、初めて会う人にはまず間違いなく「ラグビーとかアメフトやってますか?」などと聞かれるそうですそうです。
そんなとき大塚さんは「相撲なんですよ!(嘘)」などとふざけて答えるとのこと。
それをきっかけにコミュニケーションが弾む鉄板ネタなんだとか。

ガタイが良くなるメリットはこんなところにもあったんですね!
僕ももう少し筋肉付いたら使わせていただきます。
これからもいつまでも健康でいてくださいね!

【体験談】アラサー男性がパーソナルトレーニングジムに通った活動日記

【準備中】
※これから週一回のペースで定期配信予定となっています!
更新され次第追記していきます!

ケンズにオススメな人はこんな人!

ここでもう一度まとめると、ケンズ(Ken’z)はこんな人におすすめと言えます。

  • ケンズ(Ken’z)がおすすめの人!
  • ・美ボディコンテストに出られるくらい『美』に徹底的にこだわりたい人
  • ・『ジム』ではなく『トレーナー』を選びたい人
  • ・「ここまでやる?」ってくらい、一人一人に向き合ってメニューを考えてほしい人
  • ・トレーニング器具はもちろん、匂いにまでこだわった快適な個室でマンツーマン指導を受けたい人
  • ・プログラム終了後も健康的でいられるようにトレーニングや栄養の知識も身につけたい人

まとめ

以上が、2015年にオープンし、赤坂、新宿、渋谷、表参道と東京都内に4つの店舗を展開しているパーソナルトレーニングジム ケンズ(Ken’z)の紹介でした。
記事ではまだ伝えきれていない魅力もたくさんありますので、興味を持ってくれた方は、ぜひジムまで足を運んでみてください!