【2018年版】あなたにオススメのパーソナルジムはこれで決まり!一目でわかる5社の比較表・フローチャート

こんにちは、マッチアップ編集部です。
『パーソナルトレーニング』って知っていますか?
最近ではテレビや雑誌などにもよく取り上げられるようになったので「名前だけは知っている」という人も多いのではないでしょうか。

「何するところなの?」
「ライザップだけは知ってるけど・・・」
「興味があるから詳しく知りたい!」
「どれを選べばいいの?」

この記事では、そんな疑問にお答えするために、パーソナルトレーニングジムに関して徹底的に解説します!

フローチャートの前に!そもそもパーソナルトレーニングとは?

パーソナルトレーニングとは、

トレーナーと1対1で行うトレーニング行為

を意味します。

元々はアメリカのプロスポーツ選手やハリウッド俳優などが「運動能力の向上」や「見た目改善」「健康維持」のために行うことが多いようでした。

しかし最近では、日本においても広く一般的に行われるようになってきました。
その目的は「運動能力の向上」や「健康維持」やはもちろん、「ダイエット」や「筋力アップ」、「趣味として」など多岐にわたるようになっています。

パーソナルトレーニングで得られる3つの効果

パーソナルトレーニングジムでトレーニングすることにより、自己流で筋トレするだけでは実現しづらい3つの効果を得ることができます。

1. 目的に合ったトレーニングを正しいフォームで安全に行える
パーソナルトレーニングでは専門家の指導の下でトレーニングすることになります。
そのため、自分の目的に合ったトレーニングメニューを組んでもらうことができます。
また、もし間違ったフォームが身についていた場合には逐一フォーム修正してもらえますので、ケガなどのリスクを減らして安全にトレーニングすることができます
ケガやトレーニング効率が気になる人、自己流でのトレーニングに限界を感じている人にとっては嬉しい効果といえるでしょう。

2. 食事管理をサポートしてもらえる
体重を減らすためには、消費カロリーを摂取カロリーよりも多くしなければなりません。
つまり、トレーニング同様、あるいは、それ以上に食事管理は重要なことなのです。

一方で、ただ食べることを我慢すれば良いかといえば、そういうわけではありません。
そこで、多くのパーソナルトレーニングジムではトレーニング期間中の食事管理についても指導してくれます。

栄養学などに精通したトレーナーから指導を受けることで、無理のない食事管理で効率よく痩せることができます。

3. 一緒に頑張れるトレーナーがいることで継続しやすくなる
トレーニングも食事管理も大変なのは継続することです。
そんなとき、日々の活動に寄り添い、一緒に頑張ってくれるトレーナーはとても心強い存在といえます。

「今日くらいさぼっちゃおうかな」
「喉乾いたからコーラがぶ飲みしたい」

そんな気分になったとき、トレーナーと一緒に頑張ってきた日々のことを思い出すと不思議なことに、

「これまで1カ月頑張ってきたし・・・やっぱ今日もトレーニング頑張ろう!」
「別にコーラじゃなくてもいいや!冷たいお茶を飲もう!」

などのように、思いとどまれるようになれます。

パーソナルトレーニングジムがおすすめな人

上記で述べたような効果があるパーソナルトレーニングはこんな人におすすめです。
・自分にどんなトレーニングが向いているのかわからない人
・無駄なく、効率よくトレーニングしたい人
・しっかり追い込みたいけどケガはしたくない人
・一人ではなかなか続けられない人
・プロの指導のもとで効率よく運動能力を向上させたい

また、ツイッターを見てみると、
「結婚式までにどうしても痩せたい!」
なんて言う人もチラホラいるようでした。

きっかけは「結婚式のため~」でしたが、それをきっかけに継続したくなる人もけっこういるみたいですね。

完全個室とは?大手と中小パーソナルトレーニングジムのメリット・デメリットを解説!

一口にパーソナルトレーニングといっても、そこで行うトレーニング形態にはいろいろな種類があるようです。
この章では、パーソナルトレーニングジムの違いを正しく理解するために『完全個室』、『大手』と『中小』の特徴や違い、メリット・デメリットについて説明していきます。

『完全個室』のメリット・デメリット

完全個室のパーソナルトレーニングジムとは、一般的なスポーツセンターのような共有スペースではなく、パーソナルトレーニング専用の個室でトレーニングするジムのことです。
ライザップや24/7ワークアウトなどは『完全個室』をウリにしているパーソナルトレーニングジムの代表であり、その規模は日本全国に広がっています。
完全個室のパーソナルトレーニングには下記のようなメリット・デメリットがあります。

『完全個室』のメリット
・トレーニング器具を独占できる
・人目を気にせずトレーニングに専念できる

共用スペースでトレーニングをする場合、他の一般利用者とトレーニング器具を譲りあって使う必要があります。
そのため、混雑により予定していたトレーニングができないなんてことも。
一方で、完全個室のトレーニングジムであれば、器具が使えないという心配はありません。

トレーニングは筋肉に負荷をかけて身体を追い込む行為です。
そのため、当然汗まみれになりますし、重いものを持ち上げる際にはうめき声などがでてしまいます。
こんな風にトレーニング後にへとへとになってしまっても『完全個室』であれば、周りに迷惑がかかりません。

完全個室でのトレーニングのデメリット
・トレーニング器具が限られる
・個室でトレーナーと2人きり

パーソナルトレーニングに使われる完全個室は広くないのが一般的です。
当然、部屋に配置できるトレーニング器具の数や種類は限られてしまいます。
そのため、広い共用スペースでトレーニングする場合と比べて使用できるトレーニング器具の種類は少なくなります。

また、トレーナーとの相性が悪かったとしたら、個室でトレーナーと二人きりになるのが苦痛になるかもしれません。
2人きりが苦痛だと感じた場合は、すぐにトレーナーを交換することができないかジムに相談してみるとよいでしょう。

大手/中小パーソナルトレーニングジムのメリット・デメリット

ライザップや24/7ワークアウト、FiNC Fitなどの大手パーソナルトレーニングジムと比較的規模が小さい、いわゆる中小パーソナルトレーニングジムのメリット・デメリットを比較していきます。

大手パーソナルトレーニングジムのメリット
・店舗が多くアクセスしやすい
・採用試験や研修が設けられており、どこの店舗でもだいたい同じメソッドが共有されている

大手パーソナルトレーニングジムのデメリット
・トレーナーを指定できないことが多い
・トレーニング器具は最小限のものを使うことになることが多い

大手のパーソナルトレーニングジムの魅力は、アクセスが容易で、どこでも同じようなトレーニングを受けられることです。
さらに、大手のパーソナルトレーナーになるためには、厳しい試験や研修をクリアしなければならないので、トレーナーの水準は安定して高いようです。

一方で、ライザップや24/7ワークアウトなどの大手パーソナルトレーニングジムは、店舗は指定できても、最初からトレーナーを指定することはできないことが多いと聞きます。
ただ、トレーナーとの相性に関しては、申請すれば後からトレーナーを交換することもできるようです。
万が一相性が悪いと感じた場合には、我慢せずに店舗に相談してみましょう。

また、大手では最低限のスペースでパーソナルトレーニングを行えるように特殊なスミスマシンを利用することが多いようです。
このトレーニング器具はかなりの優れものなのですが、トレーニング器具にこだわっている中小のトレーニングジムにある特殊なトレーニング器具でしか実施できないトレーニングが存在するのもまた事実です。

中小パーソナルトレーニングジムのメリット
・トレーナーを指定できることが多い
・こだわりのトレーニング器具や特徴があることが多い

中小パーソナルトレーニングジムのデメリット
・店舗数が少ないのでアクセスが限られる
・トレーナーの数が限られる

中小のトレーニングジムは店舗によってその特徴が様々です。
個性的なトレーナーが在籍していたり、器具があったりするので、あなたにぴったりのジムが見つかるかもしれません。
例えば、赤坂に本店を構えるケンズでは「痩せる!ではなく楽しく美しくなれるジム」というのをモットーに、カリスマトレーナー野島賢さんの指導のもとで徹底的に美しさにこだわったトレーニングを受けることができます。

このように、そのジムのこだわりがトレーニング方針に大きく反映されているのが中小のトレーニングジムのメリットといえるでしょう。

一方で、店舗数が限られるので、アクセスの面でいえば大手ジムには劣ります。
また、カリスマトレーナーの人数は限られていることが多いので「いつでもどこでも同じトレーニングを!」というわけにはいきません。

立地や自分の好みとジムのこだわりを照らし合わせて、うまく使い分けると良いでしょう。

『フリーウェイトトレーニング』『マシントレーニング』『自重トレーニング』の違い、メリット・デメリットを解説!

トレーニングの目的によって、トレーニングのやり方や種目を使い分けることは重要です。
一般的に、筋肉を鍛えるときのトレーニング方法は「フリーウエイトトレーニング」と「マシントレーニング」、そして「自重トレーニング」の3種類に分けることができると考えられて、それぞれの特徴に違いがあるんです。(※1)

この章では、それらがどのように違うのか、そして、どんな効果やメリット・デメリットがあるのか説明します。

それぞれのパーソナルトレーニングジムでも力を入れている方法が違ったりするのです。

(※1 この記事では、バーベルやマシンなどを器具を使わないトレーニングという意味で、「自重トレーニング」という用語を用いています。そのため、ポールやゴムなどの簡単なグッツを利用したファンクショナルトレーニングなども自重トレーニングとして説明しています。厳密な定義とは少し異なるかもしれませんが、ご了承いただけると幸いです。)

フリーウエイトトレーニングとは?

フリーウェイトトレーニングはダンベルやバーベルなどのおもりを使って行うトレーニングのことです。
フリーウェイトトレーニングの代表的な種目としては、ダンベルを使用して二頭筋(力こぶ)を鍛える「アームカール」や、バーベルを使用して行う「スクワット」や「ベンチプレス」、「デッドリフト」などがよく知られています。

筋肉トレーニングとしての効果も絶大で、その使い方も多岐にわたる汎用性のあるトレーニング方法です。
その反面、トレーニングできるようになるまでにある程度の技術が求められるため、トレーニングするためにフォームなどを習得しなければならない、それに時間がかかるという欠点もありまう。

とはいえ、最も「筋トレしてる感」があるのはこのフリーウェイトトレーニングだと思います。
一度は取り組んでみたいですよね。

下記にメリット・デメリットをまとめておきます。

フリーウエイトトレーニングのメリット
・一つの器具で様々なトレーニングを行うことができる
・バーベルやダンベルを支える必要があるのでバランス能力が付く
・マシンよりも実際の運動に近い動きでトレーニングを行える

フリーウエイトトレーニングのデメリット
・コントロールを失って怪我をする危険性がある
・おもりの取り外しなどに手間がかかる
・フォーム習得するのに時間がかかる

マシントレーニングとは?

マシントレーニングは、筋トレを目的として作られたマシンを使用して行うトレーニングのことです。
そのマシンはターゲットとなる筋肉を鍛えるために設計された専用のマシンなので、フォームが身についていない初心者でも容易に特定の筋肉に負荷をかけられるようになっています。

下記にメリット・デメリットをまとめておきます。

マシントレーニングのメリット
・フォームが身についていない初心者でも筋肉を鍛えやすい
・ストッパーなどがついているので安全

マシントレーニングのデメリット
・特定の筋肉しか鍛えられない
・軌道が決まっているため個々の身体の動きに合わないことがある

自重トレーニングとは?

自重トレーニングは、自分の体重で負荷をかけて行うトレーニングのことです。
自重トレーニングの代表的な種目としては、腕立て伏せや腹筋運動が良く知られています。

最近では、重いバーベルやマシンを使って筋肉を鍛えるを鍛えるのではなく、身体本来の動きや機能に着目したファンクショナルトレーニングが注目されています。
フリーウェイトトレーニングやマシントレーニングと比べると軽視されることが多いトレーニング方法ですが、実は体幹トレーニングや細かい筋肉を鍛えるのに向いている特徴を持っているんです。

例えば、FiNC Fitでは、重い器具を用いずに、自重やViPR(バイパー)と呼ばれる特殊なポールを使用したファンクショナルトレーニングが中心に行われています。
重い器具を持ち上げることだけがトレーニングではないんですね。

プログラムが終わった後も、高価な器具を使わずに一人で続けられるのが、このトレーニング方法のメリットといえるでしょう。

下記にメリット・デメリットをまとめておきます。

自重トレーニングのメリット
・高価な器具が不要
・いつでもどこでも一人でできる
・トレーニングの自由度が高い

自重トレーニングのデメリット
・ピンポイントで特定の筋肉を鍛えるのには不向き
・筋肉に強い負荷をかけるのが難しい
・筋肉が発達するまでに時間がかかりやすい

FiNCのアプリを見てみると、たくさんのトレーナーが紹介している自重トレーニング(ファンクショナルトレーニング)の動画を見ることができます。
筋トレ=ダンベルやバーベル
という固定概念がある人にとっては、逆に新鮮なトレーニングと感じるかもしれません。

A post shared by FiNC (@finc_app) on May 17, 2018 at 2:16am PDT

A post shared by FiNC (@finc_app) on Jul 19, 2018 at 1:48am PDT

A post shared by FiNC (@finc_app) on May 14, 2018 at 7:29am PDT

パーソナルトレーニングジム比較表とフローチャート

ここまでパーソナルトレーニングジムについて書いてきました。

「で、結局どのパーソナルトレーニングジムを選べばいいの?」

そう思った方のためにパーソナルトレーニングジムとしてよく知られるライザップ、24/7ワークアウト、FiNC Fit、ゴールドジム、ケンズの5社の比較表を作成してみました。

比較する項目は以下の3つです。

①料金
入会金を含めた、2ヶ月間パーソナルトレーニングコースを受講した時の料金です。
ただし、ジムによっては長期プランに契約すると1ヶ月あたりの金額が安くなるところもあります。

②トレーニングスタイル
編集部の独自調査により、フリーウェイトトレーニング、マシントレーニング、ファンクショナルトレーニング(自重トレーニング)のうち、どのトレーニング方法を重視しているのかを独自に分析してみました。

③完全個室 or 共用スペース
完全個室でのトレーニングなのか、それとも共用スペースでのトレーニングになるのか場合分けしました。

【パーソナルトレーニングジム比較表】

ジム名 完全個室 or
共有スペース
トレーニング
スタイル
おすすめ
プラン
2カ月分の
料金(※2)
ライザップ
完全個室 フリーウェイト
トレーニング
(※3)
シェイプアップ
プログラム
348,000円
24/7ワークアウト
完全個室 フリーウェイト
トレーニング
(※3)
基本コース
(クイックコース)
234,000円
FiNC Fit
 共有スペース ファンクショナルトレーニング FiNCボディデザインプログラム 198,000円
ゴールドジム
 共有スペース フリーウェイトトレーニング
とマシン
トレーニング
プライベート
トレーニング
4,000~
10,000円/回

(単発トレー
ニング ※4)
ケンズ
(Ken’z)

完全個室 フリーウェイトトレーニング パーソナル
ボディメイク
370,000円

(※2) 2カ月プラン料金の目安 = 入会費 + 2カ月プランにかかる料金(税抜)
(※3) スミスマシンを中心としたトレーニング
(※4) ゴールドジムは単発トレーニングなので食事に関するアドバイスや経過観察などのサービスは含まれません。

「比較表を見てもよくわからない。」
「説明見るのめんどくさい!!」
「マッチングアプリ のこと大体わかったから早くおすすめのマッチングアプリを教えて!」
という方。

冒頭にお見せしたフローチャートを今こそご活用ください!
で分類しました。
まずは、完全個室にこだわる人はAの水色の矢印に進み、共用のオープンスペースでのトレーニングでも構わない人はBの黄色の矢印に進んでください。

最終的にたどり着いたアイコンをタップすると、そのサービスの詳細説明を見ることができます。

kintoremap

rizap workout kenz finkfit goldsgym

↓↓マッチアップ編集部がまとめた各サービスのもっと詳しい内容が知りたい方はこちら↓↓
ライザップって本当にリバウンドしないの?食事方法から料金まで徹底解説!
【2018年版】パーソナルトレーニングジム「24/7」の効果とは?口コミから料金まで徹底解説!
10分で肥満傾向がわかる!?『FiNC(フィンク)遺伝子検査キット』の口コミを調べて、実際にやってみた!
初心者もOK!ゴールドジムでモテる身体が手に入る理由を料金・評判と共に徹底解説
「美しくなければ意味がない!」体重減より大切なものが見つかるパーソナルトレーニングジム ケンズ(Ken’z)を徹底解説!

結果にコミット!とくかく痩せたい人におすすめな『ライザップ』

強み トレーニング
スタイル
おすすめ
プラン
2カ月分の
料金(※2)
・快適な完全個室
・専属トレーナーによる
徹底サポート
・カウンセラー、栄養士、提携医師によるサポート
・店舗数の多さ
フリーウェイト
トレーニング
(※3)
シェイプアップ
プログラム
298,000円

(※2) 2カ月プラン料金の目安 = 入会費 + 2カ月プランにかかる料金(税抜)
(※3) スミスマシンを中心としたトレーニング

話題のテレビCMで『パーソナルトレーニング』をより身近なものとして日本に広めたライザップ

そのボディメイク達成者は2018年6月末時点でなんと11万人を突破したそうです。
2018年7月には、業界初の『リバウンド保険』という新しいサービスを開始するなど、話題に事欠きません。

高級感がある快適なトレーニング環境や専属トレーナー、カウンセラー、提携医師、栄養士による4人体制で理想の身体づくりをサポートしてくれます。
また、会員のみが使える無料の自主トレーニングルームも用意されています。

料金は少し高めの設定ですが、分割払いを使えば月々9,900円~で手軽にパーソナルトレーニングを受けることができます。

  • ライザップ がおすすめの人
  • ・とくかく痩せたい人
  • ・完全個室でのマンツーマン指導を希望
  • ・快適なトレーニング環境にこだわりたい人
  • ・リバウンドしないか不安・・・『リバウンド保険』に興味がある!
  • ・家や職場の近くにライザップの店舗がある

コスパ重視!3食きっちり食べながら痩せられる24/7ワークアウト

強み トレーニング
スタイル
おすすめ
プラン
2カ月分の
料金(※2)
・3食きっちり食べる
・手ぶらで通える
・完全個室
・店舗数の多さ
フリーウェイト
トレーニング
(※3)
基本コース
(クイックコース)
234,000円


(※2) 2カ月プラン料金の目安 = 入会費 + 2カ月プランにかかる料金(税抜)
(※3) スミスマシンを中心としたトレーニング

知名度はライザップには劣りますが、近年成長著しいのが24/7ワークアウト

完全個室ダイエットジム効果満足度はNO.1

です。一人一人にダイエットのスペシャリストであるトレーナーがつき、オリジナルのトレーニングメニューを駆使して目標達成を目指します。

2ヶ月で最大18キロの減量を達成した方もいるそうです。

ライザップと比べて非常に安い価格でサービスを受けられるのが特徴です。
また、満足できなかった場合に支払った費用が返ってくる返金システムあります。
安く、充実したトレーニングが受けられ、さらに返金システムまで用意してある24/7ワークアウトはコスパ重視のパーソナルトレーニング初心者におすすめです!

  • 24/7ワークアウト がおすすめの人
  • ・食事は3食しっかり取りたい
  • ・完全個室でのマンツーマン指導を希望
  • ・コスパ重視
  • ・家や職場の近くに24/7ワークアウトの店舗がある

モデルや女優に人気!科学的アプローチで効率よく痩せられるFiNC Fit

強み トレーニング
スタイル
おすすめ
プラン
2カ月分の
料金(※2)
・遺伝子検査などの科学的アプローチ
・エステやファスティングなど美容への取り組み
ファンクショナルトレーニング FiNCボディデザインプログラム 198,000円


(※2) 2カ月プラン料金の目安 = 入会費 + 2カ月プランにかかる料金(税抜)

「キレイになれる、キレイがつづく」のキャッチコピーでSNSを中心に若い女性から注目を集めている

FiNCそのFiNCが手掛けるパーソナルトレーニングサービスがFiNC Fitです。

重いバーベルやごついマシンを利用したトレーニングではなく、自重やViPR(バイパー)と呼ばれる特殊なトレーニング器具などを使ったファンクショナルトレーニングに力を入れています。

ファンクショナルトレーニングでは「実際に使う動き」と同じ動きをトレーニングするので、一部分が不自然な発達をする心配がありません。

「重いバーベルを持ち上げるようなトレーニングには抵抗がある」
「トレーニングしたらゴリゴリのマッチョになってしまうんじゃないか心配・・・」

などと思っている人にはおすすめです。

また、トレーニングだけではなく、エステや食事指導を受けられることも魅力の一つです。
60分間の無料体験トレーニングも実施されているので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

さらに、FiNCではたった月額960円でAIアプリによる至れり尽くせりのダイエットのサポートを受けることができる『FiNCプレミアム』や、オンラインで専門家から食事やトレーニングに関するダイエット指導を受けれられる『FiNCダイエット家庭教師』などのサービスも提供しています。

「これなら続けられそう!」と思えるサービスがあったら、ぜひ試してみてください!

  • FiNC Fit がおすすめの人
  • ・体を引き締めたい人
  • ・エステなども利用したい人
  • ・高負荷なしで痩せたい人
  • ・食事の指導がほしい人
  • ・家や職場の近くにFiNC Fitの店舗がある人

初心者からアスリートまで!充実したトレーニング器具が特徴のゴールドジム

強み トレーニング
スタイル
おすすめ
プラン
料金
・充実したトレーニング器具
・初心者へのサポート
・店舗数の多さ
共有スペースでのフリーウェイト・マシントレーニング プライベートトレーニング 4,000~
10,000円/回

(単発トレー
ニング ※4)

(※4)他のパーソナルトレーニングジムと違ってトレーニング1回あたりの料金(税抜)

日本で最も知名度のあるジムの一つであるゴールドジム
その発祥はアメリカで、現在では世界30カ国にジムがあります。

日本1位・2位のボディービルダーが所属していることでも知られていて、

プロスポーツ選手やアスリートが多数在籍しています。

一方で、初心者に対してのサポートも充実しており、
「初心者だけどトレーニングしてみたい!」
と考えている人にとっても利用しやすいジムになっています。

トレーニングに使用するオリジナルグッツやプロテインなども人気です。

ただし、他のパーソナルトレーニングジムと違って、2カ月などのコースはありません。
ある程度、食事やトレーニングについて自己管理できる人でないと継続は難しいかもしれません。

  • ゴールドジム がおすすめの人
  • ・本格的にトレーニングを行いたい人
  • ・色々な種類のマシンやトレーニング器具を使いたい人
  • ・自分で計画を立ててトレーニングを継続できる人
  • ・自分で食事管理を継続できる人
  • ・家や職場の近くにゴールドジムの店舗がある人

痩せる!ではなく美しくなれるジム ケンズ(Ken’z)

強み トレーニング
スタイル
おすすめ
プラン
2カ月分の
料金(※2)
・オリジナルの
トレーニング
メニュー
・美しさへのこだわり
・会員は参加無料のセミナー『野塾』
・コラーゲン
マシン
フリーウェイトトレーニング パーソナル
ボディメイク
370,000円

(※2) 2カ月プラン料金の目安 = 入会費 + 2カ月プランにかかる料金(税抜)

2015年にサービスを開始したパーソナルトレーニングジム『ケンズ (Ken’z)』

ライザップや24/7ワークアウトなどと比べると知名度は低いものの、徹底した美しさへのこだわりにより、多方面で評価されています。

美しさにこだわりたい女性からの人気があり、
・美ボディコンテスト5年連続グランプリ獲得
・美ボディコンテスト2017日本大会グランプリ輩出
など、輝かしい実績も誇っています。

もちろん、こういった美ボディコンテストに出場する人ばかりではありません。
「健康のため」「スポーツにおける運上能力向上のため」「リハビリ」など、多種多様な目的を持った会員が在籍しており、彼らのトレーニングメニューの考案から、日々のトレーニング指導、食事管理のサポートなどを総合的にサポートしています。

また「プログラム期間中は一時的に体重を減らすもののすぐにリバウンドしてしまう」という人を少しでも減らすため、会員に向けて「野塾」という学びの場を無料で提供しています。
「生涯にわたって健康的で美しくあって欲しい」
というケンズ(Ken’z)代表の野島さんの思いから、このセミナーは開催されています。

料金は決して安くはありませんが、そのサービスは本物です。
「美しさに徹底的にこだわりたい!」
という人は、検討の価値ありだと思います。

  • ケンズ(Ken’z) がおすすめの人
  • ・美しさに徹底的にこだわりたい人
  • ・自分だけのためにカスタムされたトレーニングメニューを求めている人
  • ・過去のケガや故障が気になりスポーツから遠ざかってしまっている人
  • ・トレーニングや食事に関する正しい知識を身に付けたい人
  • ・家や職場から赤坂、新宿、渋谷、表参道が近い人

失敗しないパーソナルトレーニングジム選びのための3つのポイント

せっかく高いお金を払ってトレーニングするなら、できる限り失敗したくないですよね!
この章ではトレーニングジム選びに失敗しないための3ステップをご紹介いたします!

ステップ1|トレーニングの目的を明確にする

ジムを選びで失敗しないために絶対に必須なのがトレーニングの目的を明確にすることです。

「はぁ?痩せたいからに決まってんだろ」
「何をいまさら当たり前のことを・・・」

そのように思われるかもしれませんが、理由の深堀りとそれをトレーナーに正しく伝えるところまでできている人は意外と少ないように感じます。

『ダイエット』が目的だったとしても、
「結婚式までに痩せたい!」
「シュッとした体型になってモテたい!」
「健康になりたい」
「食事に関する正しい知識を身に付けたい」
「理由なんてない!とにかく痩せたい!」

など、その理由は様々です。
目的が定まっていないと、トレーナーもどんなトレーニングメニューを提案すれば良いか、わかりません。
理由は人それぞれで何でも良いのですが、まずは自分の心の中でそれを明確にすることが大切です。

また目標として、自分の『理想の体型』となる芸能人やハリウッドスター、スポーツ選手を一人決めておくのもおすすめです。

ステップ2|どんなトレーニングなら続けられるか考える

目的が定まったら、どんなトレーニングなら続けられるのかを考えていきます。
トレーニングで一番大切なのは『継続』することです。

ライザップや24/7ワークアウトなどのような完全個室のフリーウェイトトレーニングなのか、FiNC Fitのようなファンクショナルトレーニング中心のものなのか、ゴールドジムのような多種多様なマシンがある共用スペースでのトレーニングなのか、あるいは気になっているカリスマトレーナーが所属している中小のトレーニングジムなのか・・・
各ジムの特徴を比較してどんなジムであれば「自分でも続けられそう!」と思えるのか検討していきます。

設備やサービスももちろん大事ですが『自宅や職場から近い』ということも非常に重要です。
どんなに良いジムだったとしても、そもそも通うことが困難だと行く気がなくなってしまいますからね。

ステップ3|目星のジムを2~3個に絞って無料カウンセリングに行ってみる

ステップ2のような観点でジムを比較したら、気になるジムを2~3個にまで絞ることをおすすめします。
そして、いくらインターネットや雑誌などで調べてもわからないものはわからないので、実際に無料カウンセリングに足を運んでみると良いでしょう。

無料カウンセリングの際、特に注意してチェックしてほしいのが、トレーニングを担当してくれるトレーナーとの相性です。
一般的にパーソナルトレーニングジムでは、数カ月にわたって専属のトレーナーと1対1でトレーニングを継続していくことになります。
当然人間同士なので、どうしても「合う・合わない」という相性の問題は生じる可能性があります。
サービスの詳細を知るためだけでなく、実際にトレーニングを担当してくれるトレーナーとの相性を見極めるためにも無料カウンセリングには積極的に利用しましょう。

うまくダイエットできない人にありがちな失敗事例3パターンとその対策

頑張ってトレーニングしたのに目標が達成できなかったらショックですよね。
ここではパーソナルトレーニングに通ってもダイエットし失敗してしまう人にありがちな失敗事例3パターンを見ていきましょう。

スケジュール通りトレーニングをしない

まずよくある失敗事例として「予定通りトレーニングに行かない」というパターンがあります。
「仕事が忙しい」「今日はやる気がでない」などの理由でトレーニングを怠れば、当然ダイエットはうまくいきません。

食事管理のアドバイスに従わない

よく「ダイエット成功のカギは食事が8割!」などと言われることがあります。
これは、本当にその通りで、食事はとても大事です。
スケジュール通りにトレーニングをしたとしても、必要なタイミングで必要な栄養素を適切な量だけ摂取しないと、体重はコントロールできませんし、筋肉も付きません。
無理な糖質制限などする必要はありませんが、トレーナーのアドバイスにしっかり従い、食事管理には気をつけるようにしましょう。

トレーニング期間終了後にリバウンドする

最後にもう一つよくある失敗例として紹介するのが、トレーニング期間後のリバウンドです。
トレーニング期間中や痩せることができたけど、プログラム終了後にすぐ太ってしまうというパターンです。

トレーニング期間中に体重を落とすのは大切ですが、それと同じくらい、プログラム終了後に健康的な体型を維持できることも重要なポイントです。
気合いで体重を落とすことも時には大切ですが、トレーニング期間中終了後も一生涯健康でいられることの方が大切です。
そして、パーソナルトレーニングの本当の素晴らしさとは、一時的に痩せることではなく、トレーニングを通じて身体作りや食事に関する正しい知識を身に着けられることにあると思います。

そのため、パーソナルトレーニングジムに通う際は、一時的な体重減少にとらわれすぎないようにしましょう。

ちなみにライザップには『リバウンド保険』なるものもあります。
リバウンドしないための工夫が詰まったサービスですので、ぜひ参考にしてみてください。

トレーニング・食事管理を楽しく継続するための3つのテクニック

目標を達成するためにトレーニングと食事管理を継続することが重要であることがわかりました。
この章では、具体的にどうしたらトレーニングと食事管理を楽して継続できるか紹介していきます。

とにかくトレーナーと仲良くなる

何か新しいことを始めるとき、自分ひとりで始めるよりも、友達や友人と一緒に始めたほうが長続きしたという経験がある方いらっしゃるのではないでしょうか?
トレーニングも同様で、自分ひとりで頑張るよりも人と一緒に頑張った方が長続きします。

ライザップや24/7ワークアウト、FiNCなどパーソナルトレーニングジムに通うメリットの一つが、自分専属のトレーナーと一緒にトレーニングを頑張れることです。
そのため、できる限りトレーナーと仲良くなり、トレーニングや食事管理を「一緒に頑張っている」という仲間意識を持てるようにしましょう!

「今日は疲れたからトレーニング休んじゃおうかな。」
「なんとなく甘いもの食べたい・・・」

そんな気持ちになったときもトレーナーの顔を思い浮かべることでもうひと頑張りできます!
これは本当です。

しばらくの間は体重変化をあえて気にしない

トレーニングや食事管理を頑張ったのに成果がでなかったとしたら、嫌になってしまいますよね。

「頑張ってるのに成果がでない!」
「努力が報われない・・・」
と感じて3日坊主でダイエットをやめてしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

そうならないためにおすすめなのが、最初の数週間あえて体重変化をあえて無視することです。

どれだけトレーニングを頑張ったとしても、その効果が体重や見た目に現れるまでには多少時間がかかってしまうものです。
そのため、わずかな体重変化に一喜一憂してやる気をなくしてしまうのはあまり得策とは言えません。
いっそのこと「最初の1カ月は体重や見た目の変化はなくて当然!」のように思っておけばずいぶんと気が楽になるでしょう。

ただし、後で見かえすことができるように、記録だけはしておいて方が良いかもしれません。

トレーニング直後に鏡の前でポーズを取ってみる、写真で記録してみる

鏡の前に、モテる身体を手に入れた自分の姿が写っているとしたら・・・
モチベーションが上がると思いませんか?

トレーニングを継続するためにおすすめなのが、トレーニング直後に自分の姿を鏡でチェックすることです。
トレーニング直後は普段よりも筋肉が張って大きくなるので、理想の体型に近づいた自分を実感しやすくなります。
体重と同様に、すぐに大きな変化が現れることはありませんが、自分の身体の変化を感じることができたとき、あなたのモチベーションはアップするはずです。

余裕があれば、体重変化と同様に鏡に写った身体を写真として記録に残したり、インスタグラムに投稿したりするのも良いでしょう。

パーソナルトレーニングジムQ&A

ここでは「パーソナルトレーニングジムをやってみたい!」と思っているにもかかわらず、なかなか始められないという人から良く聞く質問に回答していきます。

ゴリゴリなマッチョにはならないか心配です。

女性やモデルのようなすらっとした体型を目指している男性から良くこういったご質問をいただきます。
しかしながら、その心配は無用です

なぜなら、いわゆる『ゴリゴリのマッチョ』になることはかなり大変なことだからです。
そのため、ほとんどの人はなろうと思ってもなれないでしょう

また、もしも万が一にゴリゴリのマッチョになりかけそうになったとしても、たいていの場合途中で気がつくことができるので、トレーニングメニューを変更したり、トレーニング自体を中止することで、過度なマッチョになることを防ぐことができます。

さらに、女性の場合は男性と比べて筋肉がつきづらい体質なので、そうなる可能性はさらに低くなります。

そもそも、そういった心配をしなくて済むよう、理想の身体づくりのために最適なトレーニングメニューを提案・サポートしてくれるのがトレーナーの役割です。
そのため、マッチョになりすぎないか心配な人ほどパーソナルトレーニングジムがおすすめといえるでしょう。

無理な食事制限はさせられないのでしょうか?

確かに、糖質制限ダイエットで結果を出して注目を集めようとするジムもあります。
しかし、最近の傾向としては、正しい食事で健康的に痩せようとする意識が広がってきています。
これは、パーソナルトレーニングジムの数が増えたため、粗悪なサービスのジムでは生き残ることが難しくなってきたためだと考えられます。

無理な糖質制限を強要してくるようなトレーニングジムはないと思いますが、どうしても気になる人は、無料カウンセリングの時などに「無理な糖質制限をしたくない」ということをトレーナーにしっかり伝えるようにしましょう。
一般的に、会員の希望条件を無視してまで無理な糖質制限を強要できる権限を持っているトレーナーはいないです。
そのため、希望を無視した無理な食事制限をさせられる可能性はほとんどないといえるでしょう。

何を準備すればいいの?

最近では運動着の無料レンタルサービスやドリンクサービスが料金に含まれているパーソナルトレーニングジムが多くなりました。
例えば、フローチャートで紹介したパーソナルトレーニングジムのうち、ゴールドジムを除くライザップや24/7ワークアウト、FiNC Fit、ケンズ(Ken’z)の4社は手ぶらに近い状態で通うことができます。

ただし、ライザップではシューズのレンタルは行っていないなど、一部自分で用意しなければならないもののありますので、気になる方は下記のバナーからホームページに行き、詳細を確認してください。


通う頻度や期間はどのくらいが一般的?

頻度や期間はあなたが『いつまで』に『どんな体型』になっていたいかによって変わります。
無理なく続けていくのであれば週1~2回程度で通うのが一般的といわれています。

返金システムって誰でも使えるの?

各パーソナルトレーニングジムによって返金システムの有無や適用される条件は異なります。
下記にリンクを貼っておきますので、詳細は公式ホームページでご確認ください。

ライザップ:
【条件】いかなる理由でも納得いただけないとき
【注意】物品は対象外
【URL】https://www.rizap.jp/images/rizap_kaisoku.pdf

24/7ワークアウト:
【条件】会員から全額返金申請があった場合、次の各号の条件に従ったとき
(1)トレーニングスケジュールを守られた方
(2)初回トレーニングから30日以内に全額返金の申し出をされた方
(3)トレーニングの遅刻・24時間以内のキャンセルがない方
(4)トレーニング日時の変更が3回以上ない方
【注意】物品は対象外
【URL】https://247-workout.jp/terms.html?id=repayrulu

FiNC Fit:
【条件】FiNC ボディデザインプログラムに満足しなかった場合
【注意1】本プログラムに際し提供した商品を郵送にて返品する必要あり(開封済みの場合も全て)
【注意2】提携フィットネスジムにて BDP お申込の場合、全額返金保証制度はなし
【URL】https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/finc-ambassador/fincfit_bodydesignprogram_contract.pdf

ゴールドジム:
返金システムなし
(2018年7月末時点)

ケンズ(Ken’z):
返金システムなし
(2018年7月末時点)

まとめ

以上が『パーソナルトレーニングジム』の比較表・フローチャート記事でした。
ご自分にピッタリのパーソナルトレーニングジムは見つかりそうでしょうか?

「自分にはここが合っているかも!」
と思えるようなジムがあったのなら、まずは無料カウンセリングに行ってみることをおすすめします。
トレーニングメニューの相談までが行えるのはもちろん、場所によっては無料でトレーニングを体験できるジムもあります!

ぜひ参考にしてください!